グループアプローチ設計事務所

アクセスカウンタ

zoom RSS 加湿機には問題がある

<<   作成日時 : 2016/12/29 12:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 結露を起こすほどの加湿機利用は冷たい部位でカビを誘発すると思う。

 #

 5年ほど前に設計したYさんの家を訪ねてみたら加湿機がガンガン動いていました。
 沸騰しているヤカンから湯気が大量に噴き出しているような光景。
 窓のペアガラスは下半分結露していました。

 どうして、そんなに動かしているの。
 
 #

 最近の設計士は結露について敏感に設計していると思います。
 窓に結露しているということは、他のどこかの冷たい部位でも結露している可能性が大。
 
 「外壁の中」とか・・・。
 「床下」とか・・・。

 どうしてかと言うと、今どきの家は家全体をすっぽりビニールのようなシートで包んでいます。(すきま風を防ぐため。)(24時間換気を正しく動かすため。)(ビニール系シートは透湿シートを使っているのですが。)
 水蒸気(湿気)は逃げ場がありません。

 家のどこかで超過湿状態になると、湿気は家全体に広がり、冷たい部位で結露する。
 結露が目に見えれば過湿が分かるけれど、外壁の中、屋根裏、床下の結露は目視できません。

 気づかないでいると、結露はカビを誘発。
 カビは胞子をまき散らす。
 健康のための加湿機が家を胞子だらけにするのではないか・・・。

 #

 ペアガラスの窓が結露するほどの過加湿は建物に影響があると思う。
 Yさんに、そう話してきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
加湿機には問題がある グループアプローチ設計事務所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる