グループアプローチ設計事務所

アクセスカウンタ

zoom RSS 植栽のヤツデには意義がある

<<   作成日時 : 2017/01/12 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 どうせ植えるのなら、意義のある植栽にしたい、という話し。

 #

 去年12月の写真です。
 見事に咲いていたので思わず写真を撮りました。
画像

 昨日気づくと、鳥(?)に食べられていました。
画像

 ヤツデは鳥の餌になる?
 やっぱり意味はある・・・、そう思いました。

 #

 ヤツデは日本の在来種です。
 東京都が出している「植栽時における在来種選定ガイドライン<H26・5月>」を見ると、タブノキ-イノデ群集という潜在自然植生のなかにヤツデは分類されていました。

 最近、思っています。
 住宅って、何らかの植栽を必ず行うというわけです。
 ならば、ある程度、郷土の在来種(潜在自然植生)を植えた方がよい、のではないか。
 
 利点は・・・
 ・野鳥の生息空間を用意してあげることができるから。

 #

 ヤツデには想い出が深い。
 ドイツに行ったとき、ある家のインテリアになっていました。
画像
 
 
画像

 「これ、日本のヤツデだあ」

 欧州では人気があるのだそうです。
 日本では忘れられているヤツデ。ドイツで再認識したものです。

 #

 その後、潜在自然植生について考えてきましたが、在来種というのは・・・要するに「和風系」です。
 それはそうですよね、何千年と日本風土の植生だったのですから・・・、「和風」でしょう。
 最近の洋風的日本住宅には合致しないかも・・・?
 そう思っていたのですが、ドイツではインテリアになっていたヤツデ。

 #

 写真を合成させ、ノシバにヤツデを配置してみました。
 新しいイメージのエクステリアを考えようとしているからです。
 和風的ヤツデと芝生(合成写真)。
画像
 
 下は当事務所の実物件です。
画像

 コンクリート打ち放し住宅にヤツデ。
 ヤツデは連続して植えると意外に絵になります。
 そして野鳥の餌にもなるのだから、よさそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
植栽のヤツデには意義がある グループアプローチ設計事務所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる