グループアプローチ設計事務所

アクセスカウンタ

zoom RSS 柔らかい松フローリングは感触がいい

<<   作成日時 : 2017/01/13 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 このところよく使うのが松・無垢フローリング。
 フローリングには「ソフト系」と、「ハード系」があります。
 松フローリングは「ソフト系」です。
 
画像

画像

 2枚の写真は別々の現場ですが、同じ松・無垢フローリングを使いました。

 ソフト系フローリングの特徴。
 ・ 柔らかい
 ・ 傷がつく (柔らかいから)
 ・ 冷たくない、温かい (素材に空気を多く含むから)
 ・ 素朴なイメージ
 ・ 節ありは安い (写真のものは¥5,500/m2くらい、材料費のみ。)
 ・ 古さが出る (味が出るという言い方でもいい。)
 ・ 隙間が出やすい

 上記と真逆なのが、ハード系フローリングです。
 普通の人が知っているのは、たいがいハード系。
 「ハード系」は欧米からもたらされたものです。

 #

 昔の和風住宅、縁側に使っていたのは「ソフト系」。
 だから、傷がついたり、やせたり、味が出たり・・・、素足に優しかったり・・・。

 ソフト系、ハード系・・・持ち味がまったく異なっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
柔らかい松フローリングは感触がいい グループアプローチ設計事務所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる