グループアプローチ設計事務所

アクセスカウンタ

zoom RSS 南が上の図面をリフォーム

<<   作成日時 : 2017/03/07 06:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 平面図は北を上にするのが普通です。
 今回の家は南が上。
 内観派住宅です。

 #

 リフォームを頼まれた家の図面はこちら。
 元の設計者は方位を逆に描いていました。
 南が上、北が下。
画像

 設計者は高齢で引退。
 僕に話しが回ってきました。

 方位を逆に描く設計者は・・・一般と異なる描き方をしている以上、そこには考えがあるのが普通です。
 たいがい、内観派。

 実物件を何度も見ましたがスバラシイ家です。かなりいい。
 が、半世紀も経つと家も時代に合致しない個所がでてきて・・・リフォーム。

 内観派を引き継ごうと思っています。
 (内心では僕に任せておけって感じ。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南が上の図面をリフォーム グループアプローチ設計事務所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる