グループアプローチ設計事務所

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜ赤ちゃんはかわいいのか

<<   作成日時 : 2017/03/21 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 やっぱり住宅の庭にも在来種を植えなければならない、のだろうという話し。

 #

 この表題は10回ほど前にも書きました。
 今回はもっと整理してみようと思いました。

 なぜ赤ちゃんはかわいいのか。
 答えは・・・
 かわいい赤ちゃんを産んだ種が生き残った、ということです。
 かわいくない赤ちゃんを産んだ種は、子どもをかわいがることができなかったので、種は絶えた。

 よって私たち現代人の赤ちゃんはかわいいという論理。
 (なぜ、かわいいのかという答えは、普通かなり見つけにくいです。頭でっかちだからかわいいとか、ヨチヨチ歩きだからかわいい・・・というのでは、納得できないのです。)

 #

 同じような質問に
 どうして「自然を大切にしなければならない」のか、というものがあります。
 緑を大切にしようとか、生物多様性保全を行おう、と言いはじめると、必ずこの話題が出てきます。
 なぜ自然を守らねばならないのか。(それほど困っていない人も多いので。)

 答えは・・・
 自然を守らなかった種は、絶えた、というものです。
 
 有名なものに、イースター島があります。
 モアイ像をつくるために島中の木を伐採した。
 そのことで生態系のバランスが崩れ、島民は絶滅。
 島を脱出しようにも、すでに樹木がなかったので船もつくれなかった。
 (イースター島は孤島だった。)
 (説はもっといくつかあります。) 

 #

 パソコンの話しもあります。
 コンピューターは大量のファイルで成り立っています。
 1ファイルを削除したくらいでは問題が起きない。
 が、10ファイルを削除すると調子が悪くなり、20ファイルくらいを失うと、起動しなくなります。
 閾値(しきいち)の問題だと思います。
 
 #

 「係わりの無いことは愛せない」、という文言。
 我々は関心のないことには、愛情をそそげないのだと思います。

 例えば、トイレ掃除。
 家の掃除をしたことのない人には、トイレは汚いものに見える。便器はインテリアの対象にならないのです。
 例えば、家事労働。
 茶碗洗いをしない人は、キッチンをうまく考えられません。
 係わりを持たない人は・・・住宅を上手に愛することができない、という論理。

 #

 僕は、住宅の庭に何を植えるべきか、を業務でよく考えることがあります。
 係わりがいっぱいある。
 だから、最近は考えるようになった。

 どのような庭が、意義があるのか。
 やっぱり、具体的には在来種なんだと思います。
 
 我々の生存に関係のある事項だと思えます。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なぜ赤ちゃんはかわいいのか グループアプローチ設計事務所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる