グループアプローチ設計事務所

アクセスカウンタ

zoom RSS 設計事務所が間取りを載せられない事情

<<   作成日時 : 2017/04/13 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 当事務所が設計した家はホームページ上にどんどん載せたいと願っています。
 ところが、現代はそういうこと。。。無理です。

 #

 友人の設計者は頑張った住宅を「新建築」という雑誌に載せました。(業界で有名な雑誌)
 あちこちの住宅雑誌にも載せました。

 1年ほど経って、今度は別の家庭雑誌に載せようとしたところ、オーナーに言われました。
 「もう充分でしょ」
 「あなたの(宣伝の)ために私たちの家を世間に紹介したくない」
 「今後、いっさい出入りをしないでほしい」

 友人はオーナーと縁が切れてしまった。

 #

 住宅はプライバシーの塊なので、雑誌に発表することは問題だらけ。
 建て主は世間に間取りを知られたくない。
 防犯上もよくない。
 まして工事費用なんて・・・絶対に発表したくない。

 そりゃそうですよね。

 #

 ○○さんの家もそうでした。
 「せめてホームページに載せていいですか?」
 こんな感じで載せたいのですが・・・よい家なのだから。。。

 でもダメでした。

 家が特定できる。
 近所の人に家の様子は知られたくない。

 #

 良い家ほど載せたくない、それが現代のオーナーです。
 (昔は良い家だと自慢したかったけれど。)

 当事務所の実物件住宅、間取りはほとんどホームページ上に載せていません。
 画像だけを少しバラバラにして載せているくらい。(最近は許可を得ます。)
 一切ダメという家も多い。

 #

 不思議なのはオープンハウスを開いている建築家です。
 自分の家を見せたい建て主って、どういう人なのかなあ?
 きっと建築家は建て主とトラぶっているのだろうなあ。。。。

 #

 高額な家や良い家ほど、雑誌に載せない、発表しない。
 住宅設計事務所はどうやって営業したらいいのだろう、と思っています。

 注:
 当事務所は、個別には間取り、写真、実物件をお見せしています。
 相談会などにお越しいただければ対応しています。

 グループアプローチ設計事務所のホームページはこちらです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
設計事務所が間取りを載せられない事情 グループアプローチ設計事務所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる