グループアプローチ設計事務所

アクセスカウンタ

zoom RSS リフォーム費用が高くなる理由

<<   作成日時 : 2017/06/06 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 リフォーム工事をこれから行うのですが、思うことがありました。
 新築工事よりリフォームの方が、工事費が高くなる、という点です。
 理由は、リフォームにはやってみないと分からないことがあるからです。

 #

 今回はキッチンの改装、壁の耐震補強。
 ともなう給排水工事、電気工事、分電盤の取り替え、動力電源を止めるというものです。

 何故、工事費が高くなるのかというと、既存住宅の状態がよく分からないからなんです。

 分からないまま工事を進めようとするので、費用を見積もる方は・・・、分からない状態をMAX、最大値にして安全を確保(損をしないように)するからなんです。

 建設会社としては当然です。
 床を剥がして、いざ工事を始めてから、思わぬ難工事になったとき・・・、「追加予算を下さい」とは昨今言えません。
 工事契約をいったん行えば、契約費用の中で何とか納めなければならない建設会社としては費用リスクを負いたくない。
 安全をみて工事費用を高めに見積もる、ってわけです。

 誰だって、そうするでしょう。
 分からないことを請け負うとなれば、ムツカシイ状態を予想して安全パイを振る。
 つまり、高く見積もる。

 #

 大工さんが安全パイを振って高く見積もる。
 電気屋さんもよく分からないので、高く見積もる。
 水道屋さんも最悪を考えて見積もりを行う。

 みんなが、高目、高めに考えるので・・・工事費が高くなる、という具合です。

 #

 リフォーム工事は昔の方がよかった、と思える点もあります。
 昔は概算を見積もり、工事を行ってみて、難工事だったら追加費用をもらい、人と人の信頼で工事費用が支払われていました。

 今は、契約額を超え難工事になったとき、追加費用をもらおうとすると・・・契約違反だ、ということになりトラブルになるので、初めから高く見積もるというわけです。

 人と人の信頼が薄れてくると工事費用は高くなる理由。
 (業界では新築工事より、リフォームの方が儲けが多いと言われています。)

 #

 さて、どうやって見積額を下げようか・・・、と今考えています。
 建て主さんは「良い人」ですよ、私も良い人?だし、業者のあなたも「良い人」なんだから、
 「安全パイを振らずに安く見積もってほしい」
 追加工事があったときは・・・認めますから・・・・と言うか?

 今どき、そんなこと(人と人の信頼)が通用するか?・・・と思いながら、減額の策を考えています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リフォーム費用が高くなる理由 グループアプローチ設計事務所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる