いい家とは性能ではないーーーー2005-02-26(土曜)曇り

 今日は、間もなく10年目を迎えるという伊豆高原の家に行った。
 10年目の点検。
 出かける時の東京も寒かったが、伊豆高原も寒かった。

 踊り子号の車中では読み残していた小川洋子の本を読んだ。
 短編「夕暮れの給食室と雨のプール」がよかった。
 ひょっとしたら僕は小川洋子の中でこれがいちばん好きかも知れない、
 と思いながら読んだ。
 それほどよかった。

 何も事件の起きない話しだが
 読みやすくて、なんでもない文章に、僕はふわふわ浮かびながら
 本当に心地よいのだ。
 いいなぁ、、、こういう時間、心が洗われる。

 以前にも書いたことがあるが
 夕日を見て絵描きになりたいと思う人はいないそうだ。
 夕日の「絵」を見て自分は絵描きになろうと思うのだそうだ。

 #

 基本は文体なのではないかと思う。
 スジなどなくとも文がよければすらすら読める。
 
 建築もそうだ。
 アイディアなどなくとも心地よい住宅はディテールで決まる。
 ここのところ僕は断熱性能や、耐震性能についての日記をよく書くが
 いい建築の真髄とは、空間とディテールなのだと思う。

 #

 と言いつつも、昨日得々情報に「耐震・制震・免震」をUPした。
 興味のある方はご覧下さい。
 http://www2u.biglobe.ne.jp/~g-a/tokutoku/tokutokuFrameSet1.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷち細谷
2005年02月26日 23:18
人間を好きになるときも結局「なんとなく」な気がします。
なぜなんとなくだったかは後からわかったりしますが。

全然関係ない話ですが電車で本が読めるのが羨ましいです。
読めれば新幹線での往復ももっと楽しめるのになぁ。
GA/コバ
2005年02月28日 10:07
新幹線で通勤されてる??

プロフィール