博士の愛した数式ーーーーーーー2006-01-22(日曜)晴れ

 日曜日。
 小川洋子好きな僕としては観るに違いない映画。
 「博士の愛した数式」を・・・。

 あんなに筋がはっきりしていたっけ? あれれ?
 博士と朝丘ルリ子の関係が、あれほど明確だったっけ?
 もっと小さなベクトルの集合体で、全体が成立していなかったっけ?
 
 住宅でいうなら・・・・部屋に機能が(明確に)与えられすぎていた感じ。
 もっと曖昧だった.
 曖昧で、きらきらしたディテールの集合体だった。

 文章の居心地の良さが・・・感動に置き換えられていました。
 なんだか少し残念でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

プロフィール