ヒノキの浴槽にコーティング?ーーーーーーーーーーーーーーーー2008-02-19(火曜)曇り

<GA 小林>

 今度の家ではヒノキの浴槽を使うことを考えています。ヒノキのユニットバスというのを見つけました。
 大きさは1坪タイプ。値段は150万円くらい。
 価格が気になりました。・・・なんだか安すぎるみたい。

 昔使ったことのある浴槽は、浴槽だけでも100万円くらいしたからです。現場に入ってきたものは・・・ヒノキの浴槽とはこうでなくてはいけないというくらい、すばらしいものでした。

 心配なので、カットサンプルをとりました。
 なんと!・・・ヒノキの変質防止のために、すごい量のコーティングがされているではありませんか・・・。塗料(透明)の厚みは0.5mmくらいもあり、木の風合い、まるで無し。しかもヒノキのベニアでした。

 ヒノキの浴槽に入りたい人は、木の肌触りがほしいのに・・・。
 これではダメだ。大失敗するところでした。

 どうしてコーティングするのでしょう。
 腐る、かびる、黒ずむ・・・ということに対して苦情をいう人がいるのでしょうか・・・。

 #

 今日の建物
画像

 京都駅・・・設計:原広司 + アトリエΦ
 京都の玄関にこの建物でいいのかと景観論争をおこした建物です。では、どのような建物が京都にふさわしいかというと、それもむつかしい。
 しかしこの建物はよくできています。とってもうまい。どこを撮影しても絵になる建物です。

http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&msa=0&ll=34.988027,135.75634&spn=0.04845,0.062056&z=14&msid=113810814851999821239.00044677c79bd2e483b64

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

プロフィール