ある工務店との決別ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー2008-03-01(土曜)晴れ

<GA 小林>

 今日は約10年ほど経ったO邸に行きました。
 ベランダのデッキ材が傷んできたからです。内部の芯材が腐っていました。
画像

 この建物を造ってくれた建設会社は業界では少し知られた工務店です。
 故・宮脇檀氏も住宅を依頼していたし、現在東大教授のN氏もこの会社に依頼をしています。この建設会社は(芸術的な意味での)「建築」が分かる建設会社だと言えそうです。

 ところが・・・僕は思うのです、もう何軒もこの会社に住宅を依頼したけれど、この会社はアフターメンテナンスが悪い。電話の応対、返事、愛想はとってもいいのですが、それは口先だけのように思えます。
 いざアフターとなるとなんだか・・・なかなか現場に来ない。・・・しぶしぶ現場に来るような感じ。要するに面倒くさいようだ。

 僕は思うのです。
 いくら名建築を理解してくれたところで、アフターを嫌がる建設会社は、住人としてみればたいへんに困るというわけです。

 お中元やお歳暮は要らないから、アフターの現場に来てほしい・・・僕はまったくそう感じているのです。
 概して、有名建設会社にこの手の会社が多い。新築工事をほしがって、アフターが悪い。住宅は50年も60年も付き合っていく建物だから、甘いところも酸っぱいところも食べてくれなくては困るのに、甘いところが大好きで酸っぱいところは食べたくないらしい。

 僕はとうとう決心しました。
 この工務店に仕事を依頼するのはもう止めよう。
 今回のデッキ改修は別の建設会社にお願いすることにしました。これからO邸のアフターは新しい会社に頼んでいこうと思うのです。 
 もちろんお客様にも了解をとりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

プロフィール