車椅子のスロープ勾配

<GA 小林>

 高齢になって車椅子になるかもしれない?・・・と、オーナーはやけに心配されるので、今日は大真面目にスロープの検討です。
画像

 ものの本には1/12勾配がヨロシイ、と書いてあり・・・1/15勾配ならなお望ましいと書いてあるのですが、高さ60㎝のスロープを1/15でつくると長さは9.0mにもなってしまい・・・、隣の家までスロープがはみ出してしまいます。

 そこで1/12勾配のスロープを検討(上図)。それでも長さは7.2mも必要です。1/12だと、自分の力で自走できるのだそうです。
 でも、私たちの敷地はもっと狭い。やっぱり現実的じゃないなぁ・・・。
 半分の1/6勾配(上図)で検討してみました。長さは3.6mと半分になりましたが、やっぱり普通の敷地には入らないだろうな。。。。

画像

 もっと急勾配、1/4勾配にしてみました(上の図)。(比較のために1/12を残してあります。)
 このあたりがスロープとして限界らしいのですが・・・、押すときはちょっと勢いをつけて、え=いと押す(らしい)。

 でもねぇ・・・1/4勾配は押す(押し上げる)ときはいいのですが・・・、下りるときは怖いような気もします。
画像

 滑り台で老人が滑り下りるみたい・・・。ましてや老々介護で、お婆ちゃんの力ではとても支えきれないように思います。(ブレーキあるのだけど・・・。)

 今日は、スロープのオーソリティになってしまいました。

 追記:2014-12-09
 この記事は関心度が高く、多くの人に見ていただいています。
 スロープについては別の記事も書きましたので、そちらもお読みください。
 「スロープにはレンタルもある」
 http://ga.at.webry.info/201408/article_6.html

この記事へのコメント

mai
2010年10月23日 10:27
家を建てる前から楽しんで参考にさせていただいています。
急勾配を車いすで降りるときは、バックで降りた方が安全です。小さな段差でも前が下がると、乗っている人は落ちそうな感じがするはずです。
2010年10月23日 14:28
 こんにちはmaiさん。
 なるほど、後ろ向きで下りるというのは知恵ですね。それならいけそうです。
かずみん
2012年10月18日 18:28
妻が身障者で自宅スロープを作りました。
実際に1/6勾配になってしまい使用していますが
車椅子は重心が高いためこの勾配だと後ろに転倒してしまいます。
乗っている人はかなり不安だと言っているので
やはり無理にでも1/12勾配以下を作る必要があると感じました。
2012年10月20日 00:02
 かずみんさん、こんにちは。
 ご意見ありがとうございました。