違反建築は売りにくい

 
 家を中古住宅として転売しようとするとき、違反建築は売りにくい。
 以前、そんなblogを書いたことがあります。
 違反建築は買ってもらえないのです。

 なぜ買ってもらえない?
 違反建築だと住宅ローンが組めないからです。(正確には、組みにくいというべき。・・・高金利ローンならあるから。)

 #

 住宅ローンが組めないと、普通の人は中古住宅を買えません。
 買ってもらえないから → 売れ残る。 → 価格を下げざるを得ない。
 違反建築が売りにくい理由です。

 新築住宅でもこれは同様です。違反建築だと住宅ローンは組めません。
 法令順守が行き届いてきたというべきか、金融庁が指導しているのか・・・ともかく、住宅ローンのことで新築の違反住宅は減ってきました。

 それが・・・中古物件でも住宅ローンが組めなくなってきた。
 時代の変化を感じます。

 #

 家を建てたら、(もしもの転売のために)次の3つは重要です。

 1) 建築確認済書一式を保管する。
 2) 完了検査を受け、検査済み証をもらう。(合法建築の証明を受ける。)
 3) 上記を保管する。(紛失すると合法建築の証明ができなくなる。)

 私たちのホームページはこちらです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

プロフィール