囲む家(修正版)

 
 住宅が発表されない理由について。

 #

 今日は囲む家の平面図をblogにUPしたので、建て主さんに
 「UPさせてください、よろしいですか?」
 
 了解をとりました。

 #

 でも・・・ダメでした。

 私が思うに家が「いい家すぎるのだと思います」(自画自賛です。。。)

 特長があって、多くの人がなるほどと思ってくれる間取り。
 やっぱりプライバシーに抵触してしまう。
 近所の人にはその家がどの家かも分かるし、間取りまで読み取れるので・・・問題が多いというわけ。
 (私もそれはよく承知。)

 特長もなくツマンナイ家だったら、よかったんですが。。。。

 #

 そんなわけですから、TVや雑誌に発表される家っていうのは・・・最近の傾向として・・・、
 ツマンナイ家。
 奇抜な家。
 とんでもない家。
 安い家。

 本当にいい家で、愛おしくて、建て主さんが大切にされている家は・・・発表されない、というわけです。
 残念なんですが、住宅はプライバシーのかたまりだから、仕方ないです。

 で、以下は文章だけのblog。(間取りはカット)

 ときどき庭を囲むタイプの家をつくっています。
 設計者にとって、生活の場から庭がどのように見えるのか・・・は、もっとも大きな関心事です。

 庭を囲む手法はもう何回か行っていて、この手法を採ると家のプライバシーはものすごく向上します。
 (隣家の)どこからものぞかれないという・・・不思議な安心感は家に絶大な影響があります。

 よく、庭でバーベキューをやる、という希望が。
 ところが実際には、バーベキューをよく行う家はそんなにありません。
 
 庭のプライバシーが低いからです。
 隣近所の目もあって、最初の一二回は派手にやるけれど長続きしません。
 この家ではそれが可能です。不思議な安心感というか・・・。

 庭を介して、自分の家が向こうに見えるというのも面白い雰囲気です。
 視線が遠くにまで通るので、家に広がりがある。
 家族が何をしているのか・・・何となく感じることもできる。

 庭を囲む家は独特な雰囲気をつくり出してくれます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

プロフィール