アスベストの混入

 
 解体屋さんから現地情報がありました。
 「屋根材と外壁材にアスベストが入っているかもしれない」
 「解体建物の建設時期はいつですか?」
 「検体を取りますか?」 

 #

 アスベスト?
 
 解体建物は当事務所の設計監理だったのですぐ分かりました。
 建設したのは1997年。(19年前)

 #

 1) 屋根材・久保田のカラーベスト「コロニアル」にアスベストが入っていたのは2000年まで(16年前)。
 2) 外壁材・東レの「カンペキ」は1998年9月製造分まで(18年前)。
 
 調べると、2社ともホームページで公表していました。

 #

 困ったな。
 解体は機械壊しで考えていた。
 アスベストが入っているとなると、
 ・ 分別壊しになるらしい。
 ・ 手壊しになるらしい。

 解体工期は2倍以上延びる、費用も当初予算ではいかない、とのこと。

 毎日、予想外のことが起きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

プロフィール