見積もりのセカンドオピニオン

 工事費用の見積もりをとってみたら、想定外の価格になってしまうことがあります。
 高すぎるのではないか、と思う。
 
 工事費のセカンドオピニオンについてです。

 #

 そもそも、工事費用にはセカンドオピニオンなんて存在しない、と思います。
 a者の見積もりに対して、他人のb者が・・・
 「いや=これは高い、あと50万円は下がるよ」
 なんて・・・、
 意見を求めたところで、元のa者の見積もりは下がりません。
 
 「bさんが高いと言っているので、工事費を下げてほしい」
と、aさんに苦情を言う交渉はありえないと思います。
 だったら、初めっからセカンドオピニオンのbさんに依頼すればよい、という具合です。

 セカンドオピニオンの意見は非常に危険です。
 頼まれない工事のセカンドオピニオンほどいい加減なものはないからです。
 最初のa者に不審が積もるだけ。何の利益ももたらしません。

 #

 セカンドオピニオンに意見を求めるときは、工事依頼をするつもりで・・・というのが原則。
 そうすると、二番手b者は本気になり、「いい加減なことは言いません」
 できる価格を提示するでしょう。

 #

 一番手の見積もり価格を、二番手のb者に見せることはとても重要です。
 前の価格はこうだった・・・、これよりも安くしてほしい。

 要するに、後出しじゃんけんを誘導します。
 工事を獲得したいb者なら工事費を下げます。
 
 これを二度三度繰り返すとします。
 工事費は必ず下がり、前の見積もりより、安くなる。後出しじゃんけんは勝つに決まっています。
 これ、工事費を下げる大原則なんです。

 #

 ところが、それがいちばん正しいとは言えません。

 『美味しいフランスパン』を食べたかったはずなんです。
 結果は、もっとも安くて不味いフランスパンを選ぶことになってしまうんです。。。。

 工事費用は難しいとつくづく思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

プロフィール