マスターキー、逆マスターキー

 先日、コンストラクションキーについて書いたので、今回はマスターキーについて。
 住宅に鍵のかかる部屋がいっぱいあったら、どうするのかという話し。
 上位のマスターキーをつくります。
 複雑になると、グランドマスターキーをつくります。
 さらに複雑になるとグレートグランドマスターキーがあり、逆マスターキーもあります。

 #

 子どもが3人いて、3人とも鍵付きの部屋にしました。
 夫婦の寝室にも鍵をつけました。
 当然、玄関ドアには鍵があります。
 この場合、家には異なった5個のキーがあることになります。
 下図はその状態を絵にしたものです。
画像

 家には5つの鍵。
 鍵がいっぱいあると面倒臭いですよね。
 管理がやっかい。
 そこでマスターキーをつくります。
 マスターキーは一般キーより上位の鍵。
 各個のキーは従来通り使いながら、マスターキーはどの部屋も開けることができる上位キーです。
画像

 マスターキーがあれば親は安心です。
 子どもがいないときでも、万が一の場合(子どもの部屋で火災が起きたときなど)開けることができます。
 マスターキーは上位のキーなんです。

 代表例はホテルの場合です。
 客室のキーは全部別々ですが、マスターキーがあればどの部屋も1本のキーで開けることができるという仕組み。
 管理者としては当然のこと。
 マスターキーは責任者である親とか、ホテルなら支配人とかが持ちます。 

 #

 冒頭の家、長男を考えてみます。
 彼はマスターキーを持っていない(親が持っているから)。
 家に帰ってきたとき、「玄関」の鍵を開ける必要があり、それから「自分の部屋」を開ける。
 彼には2つの鍵が必要だというわけです。

 2つ持って歩くのは面倒。
 そこで「長男の部屋」のキーで「玄関の鍵」も開けられるようにする、そんなキーがあります。

 長女も同様。
 2つ持ち歩くのは面倒、玄関ドアは「彼女の部屋」のキーで開くようにできます。

 イメージは次のような絵。
 玄関キーがなくても自分の部屋のキーで開く。
 
画像

 玄関のキーは、誰からも施錠、解錠のできるキー。
 かといって、長男は他の人の部屋を開けることはできません。開けられるのは玄関キーだけ。
 これを『逆マスターキー』といいます。
 
 分譲マンションはこの仕組みです。
 各住戸の鍵は皆違うけれど、正面玄関(共用部)の鍵は「自分の家」のキーで開けられる。
 マンションは皆そうなっています。

 逆マスターキー。
 正面玄関(共用部)のドアは「すべての住戸キーで開けることができる」ので、逆マスターなのです。
 前述のマスターキーとは反対?のようなキーです。

 #

 冒頭の住宅が一軒まるごと借家だったとします。
 同じような借家が10軒あると、大家は鍵の管理がやっかい。
 そこでAさん宅には個別キー4本と(玄関ドアは逆マスター)、マスターキーAを渡します。
 Bさん宅、Cさん宅も同様に、個別キーとマスターキーを渡し・・・大家はさらに上位の「グランドマスターキー」を持ち管理するのです。
 グランドマスターキーは10軒の家のありとあらゆるドアを開けることができるキーだということになります。
 (絵は2軒分しか描いていませんが・・・10軒でも大丈夫。)
画像


 #

 ところが、実はそのまた上位に「グレートグランドマスターキー」をつくることも可能です。
 上位キーには、そのまた上の上位キーがあるんです。
 大病院、大ホテルなど・・・鍵は複雑な管理系統が必要だからです。
 
 ベッドメイキングのMさんは3階と4階の客室しか開けられないとか、結婚式場の係員は宴会部門しか開けられないとか・・・、支配人はもっと広範囲に開けることができるとか。。。。
 キーだけの設計者が必要になるほど複雑です。

 #

 店舗併用住宅ではときどきこのシステムを利用します。
 店舗の従業員に渡すキー、掃除屋さんに渡すキー、自宅にやって来るホームヘルパーさんに渡すキー。
 一方ですべてのドアを開けることのできるマスターキー。

 二世帯住宅とか、店舗併用住宅になると、「鍵の設計」が少し必要になります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

プロフィール