床下点検口はどこに

 前々回で床下「収納庫」のフタについて書きました。
 フタの安定感がよくないうえに、縁にアルミ枠があって足触りが悪い、ということでした。
 床下「点検口」にも同じ欠点があります。
 だったらどのように解決すればよいのか・・・、解決するときの立場について。

 # 

 床下へは何かの点検のときに、もぐることがあります。
 そのための入り口が床下点検口。

 床下点検口の画像。。

 #

 私がいつも配置するところはここです。
 冷蔵庫の下、「a」の位置。
画像
 
 冷蔵庫で隠して見えないようにする。
 点検口なんて見える必要もないし、見栄えが悪くなるだけだから。
 歩くところに設置すると・・・床としての安定感が悪い。
 冷蔵庫の下なら見えない、その上を歩かない。

 #

 ところが冷蔵庫の下は・・・、建設会社にとって不本意の場合があります。
 
 「点検口が冷蔵庫の下だと不便だ」
 「え、なぜ?」
 「点検するときには冷蔵庫を動かさないといけない」
 「めったに無いことなんだから、動かせばいいのでは?」

 冷蔵庫を動かすことが・・・面倒臭い?
 「そんなの理由になるのか?」、というのが設計者としての僕の意見。

 #

 この家でシュミレーションしてみました。
画像

 設置場所をアレコレ考えました。
 どこもここも僕の考えでは問題がありそうです。
 が、「J」の物入れの中なら普段見えません。
 「a」以外では・・・ここもよさそうです。
 でも、点検をするときは収納物を取り出す必要があります。

 #

 床下点検口にはオモシロイ傾向があると思います。
 建設会社が主導しているときは、点検しやすい位置に。
 設計者が主導しているときは、見えない位置に。
 
 設計者って「口先だけの仕事」なので点検のしやすさを考えません。見栄えとフタの脆弱(ぜいじゃく)性をもっぱら気にしているのです。
 
 さて、このblogを読んだ方はどのように判定されるでしょうか?

 床下点検口を設置する場合
 1)点検のしやすさを採るか・・・、
 2)見栄えを採るか。

 住宅をつくっていくときの立場の違いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

プロフィール