〇と×

 先日のblogに次のような文章を載せてしまいました。
 『クローゼットに大きな窓を設けるのは×です。』

 問題はこの「×」にあります。
 「×」って・・・「ダメ」「バツ」「ペケ」の意味なんですが、日本人にしか通用しません。
 それを思い出しました。
 外国の人は「×」の意味が分からないと思います。

 #

 初めてアメリカに行ったとき、駐車違反をしてしまい、警察署に行きました。
 書類を書くとき僕は男性なので、男性の欄に「〇」を付けた。
 こんな風にです。
画像

 すると窓口の人は怪訝な顔をして、「もう一回書いて」とばかり、新しい書類を出してきて・・・担当者自身が男性の欄に「×」印を入れたのです。
画像

 意味が分かりませんでした。
 僕は男じゃないのかな?

 あとで分かったのですが、欧米人には「〇」を付ける、という感覚がないみたいです。
 「×」とか「レ」を付ける。(日本人が「〇」を付けるとき・・・欧米では「×」や「レ」を使う。)

 だから・・・
 『クローゼットに大きな窓を設けるのは×です。』と書くと、「×」は「ペケ」の意味ではないので、理解されないのだと思います。

 #

 最近、日本も「〇」印が減ってきました。
 「レ」印が増えてきた。

 こちらは建築確認申請の書類です。
 すべて「レ」印(チェックマーク)という表記になってきました。
画像

 多くの外国人が日本に入ってきて「〇」印の意味が理解されないことが増えたのではないか、と私は勝手に想像しています。

 外国の人の「〇」には、空っぽ(empty)、オフ(off)・・・のニュアンスがあるみたい。
 海外の家電製品には、
 ・ 「 l 」(縦棒)マークがスイッチON、
 ・ 「〇」マークがスイッチOFF、
なんてことがある。

 記号で意味を伝えるのは危険ですね。
 〇 → △ → × のマークなど。。。
 中間を表す「△」などは日本の文化にしかないし、理解されない・・・というか、曖昧な表現が独特。

 #

 記号の意味は国によって違う。
 違いは・・・守りたいけど、お互いに誤解することもあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

プロフィール