ハザードマップ・氾濫

 建物を設計するとき、地域の危険度を調べます。
 ハザードマップです。

 # 

 計画地のハザードマップを調べたら、荒川の氾濫予想地域。
 想定浸水深、5mとありました。

 5mも浸水するなんて住宅計画に影響がありすぎです。
 木造2階建てならば大部分が浸水してしまいます。
 
 言葉で聞いていると実感がわきません。
 水没したときを絵にしました。
画像

 現地の電柱には以下の表記もありました。
画像

 電柱上の赤い線まで浸水するそうです。
 
画像

 
 #

 そこで、3階建てで計画しました。
 木造だと氾濫流で流される可能性が高いので、鉄筋コンクリート(RC)造で計画しました。
 RC造なら流されない。

 が、RC造は建物重量が重くなります。
 杭が必要になってしまう。

 荒川に限らず、川の周辺はほとんが軟弱地盤です。
 支持地盤は30mも下になることが分かりました。

 当然ですが・・・工事費用がかかりすぎます。

 #

 ハザードマップは必ず見た方がよい行政の資料です。
 住宅計画に多大な影響が。。。

この記事へのコメント