建築家・原広司氏のこと

 日本を代表する建築家、原広司氏。
 京都駅の設計者です。
 その設計者が建てた近所のeggg(えぐぅ)(喫茶店)に行ってみました。
 設計がいいと、まちは気持ちがいい、という話し。

 #

 京都駅の設計は上手です。
 初め僕にとって、彼は理論家すぎて、言っていることがさっぱり理解できなかった。
 けれど、京都駅の設計ころから滅茶苦茶、うまい!と思ったものです。
 京都駅を通過するとき、わざわざ降りて、何度も観に行きました。
画像

     写真 / Wikipedia、撮影663higlandより
 当時、設計が超近代的でしたから(1997年竣工)・・・・、これが京都駅にふさわしいのかと大論争が起きた。
 京都のイメージと駅の設計があまりにもかけ離れていたから。

 積水ハウスの本社(大阪・梅田スカイビル)も原氏の設計です。 
 
画像

写真 / Wikipediaより

 http://www.skybldg.co.jp/skybldg/

 
 #

 原氏は80歳を超えました。
 近所に原氏の設計したegggができたというので見に行きました。
 こんな小さな喫茶店も・・・超有名な設計者が設計してる。
 そこが、いいですね。

 #

 店は人でいっぱいでした。
 花小金井駅・東小金井駅・国分寺駅・・・どこからも20分くらいかかるであろう、こんな不便なところで流行っていました。
 建築がいいと・・・こんなに人が集まる? 
画像

 もちろん、それだけじゃないでしょう、実はたまご屋さんらしい。
 これはふわふわのパンケーキ。一緒に行った彼女も美味しいと。。。

 #

 建築「計画」がうまい。
 間口20m、奥行き10mくらいなのに、前棟と後棟の二棟に分離し、前棟を低くしています。
 後棟は高い。
 前棟から、後棟が見えるようになっている。
 
画像

画像

画像


 #

 原広司氏の事務所名はアトリエφ。
 この建物はおそらく所員が設計したのかもしれないけれど、まちにこのような建物が建つと・・・まちは気持ちがいいと思います。
 
 気持ちのいいまちにするために・・・設計者ってものがいる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

プロフィール