家の将来・100年先の住宅イメージ

 最近の家は長持ちするようになってきたと思います。
 「建てては30年くらいで家を取り壊すのはもう止めよう」・・・という、国の誘導政策が成功しているからです。(ビルド&スクラップを避ける政策。)

 ・ 長期優良住宅
 ・ 瑕疵担保履行法(かしたんぽりこうほう)
 ・ 住宅性能評価
 ・ 省エネルギー

 これらの制度は有効でしたね。

 ★ 雨漏り・骨格については、10年保証が建設会社に義務化された。
 ★ 耐震等級という考え方が生まれた。
 ★ 30年くらいで家を壊すなんて地球資源がもったいない。そんな考え方が行き渡ってきた。
 ★ 新しい商品も生まれました。例えばユニットバス。普及したことで水回りの腐食が「ゼロ」になった。近頃の住宅では土台が腐るなんて話しは皆無です。

 #

 ところが、家が100年も長持ちすると、困るのは建て主の方ではないか・・・、と最近思うようになりました。
 というのも、今の私たちは自分の家が100年も建ち続けている経験がないのです。
 100年後の我が家など・・・、住宅像を考えたことがない。

 (第二次世界大)戦後の家づくりはバラックだったので家の寿命は30年と短かった。
 当時の家は長持ちせず、すぐ流行に後れるし、古い家より新しい家の方が良いに決まっているものだと皆が思っていた。ビルド&スクラップ(建てては壊す)の習慣(文化?)が身についていました。 
 30年くらい先しか考えずに、家づくりを進めていたものです。

 その表れが、「子育て住宅」とか、「老後の家」とか、「共働きの家」というコンセプト。
 そういう期間は10年間ほどしかなく、まったく短期的な家づくりでした。
 (今でも「子育て・老後」を視野に入れて家づくりをしている人がいます。)

 #

 住宅が100年間も持ちこたえる!?
 自分の人生だけでは済まなくなるっていうわけ。
 建てた本人が亡くなったあとも家が残っている。(欧米並みになってきた。) 

 #

 長寿命の住宅が増えるとどうなるか。こんな風に言われています。

 ・ 奇抜な家が減る。
 ・ 流行に流されないデザインが必要。
 ・ まちの風景がきれいになる。
 ・ 耐震性が上がる。
 ・ 地域の防災につながる。

 ・ メンテのしやすさがポイントになる。
 ・ 間取りの可変性が要る。

 ・ 価値ある住宅に値がつくようになり中古市場ができる。(でも、なかなかそうなりませんが。)

 #

 ともかく、家は誰かに受け継いでもらうことになると思います。
 自分以外の人に残す家って・・・今はまだ『型がない』感じがします。


 【 広告 】 エミリークラフト ハンドメイドカルトナージュ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

プロフィール