私が使ってきた有名照明器具 フロス、ルイスポールセンなど

 前回、施主支給品について書いたので、今回は支給品にぴったりな照明器具の話しです。
 私がこれまで使ってきたもの、品番・価格・そして解説。

 #

 有名な照明器具はたいがい40~50年ほど前のデザインが多いと感じます。
 欧州の製品が多い。そのデザインをいつまでも使い続けている。
 変わらないことは利点の一つです。
 
----------------------------------------------------------------------------
★ フリスビーホーム(引っ掛け仕様)定価¥57,000税別

FLOS(フロス)「FRISBI」 FRISBI-HOME

新品価格
¥56,430から
(2020/3/4 18:48時点)


 
 デザイナー : アッキーレ・カスティリオーニ
 1978年のデザイン(Achille Castiglioni・イタリア1918~2002年)
 
 円盤は60cmと大きく厚みもあるので軽薄ではありません。
 穴開き部から直接光が下に落ちるので、手元も明るい。円盤部の反射光は美しく光ります。
 設計者の私にとって魅力的だったのは、有名な照明器具は高価過ぎるなかにあって、フリスビーは高くない点です。このため多くの住宅で使いました。

 E26口金(一般的な口金)100W・1灯。重量2.7kg・フロス社製。
 日本のLED電球も取り付きます。
01クリスビー 01.jpg

02クリスビー 02.jpg

04クリスビーダイニング6.JPG

----------------------------------------------------------------------------
★ ロメオムーン フロス社

FLOS(フロス)「ROMEO MOOM」 ROMEOMOON-S1

新品価格
¥74,800から
(2020/3/4 18:57時点)




FLOS(フロス)「ROMEO MOOM」 ROMEOMOON-S2

新品価格
¥104,500から
(2020/3/4 19:00時点)



 S1・・・直径34cm
 S2・・・直径50cm
 どちらもE26口金・100W S2の重量は7.6kgと重い。

 デザイナー : フィリップ・スタルク
 1996年のデザイン(Philippe Starck・フランス1947年~)24年前のデザインです。

 スタルクは浅草アサヒビール本社の設計で有名です。
 浅草からよく見えるのでご存知の方も多いと思います。(脱線しますが)本社屋はジョッキと泡です。低層部は聖火台の上に金の炎と・・・異色の外観です。
03アサヒビール-3縮小.jpg

 器具はガラスの輝きがいい。
 大ぶりの1灯もありですが、小ぶりな器具を2灯並べて点灯する方法もあります。
 下の写真はイメージです。(こちらの器具はアルフレックス・ライトコーンペンダント)
 
05 2灯のイメージ.JPG


----------------------------------------------------------------------------
★ AJロイヤル ルイスポールセン社 

ルイスポールセン AJロイヤル / φ500(10000137398) ペンダント

新品価格
¥158,840から
(2020/3/4 19:04時点)



 1959年のデザイン、アーネ・ヤコブセン
 60年以上前のデザインですが、私は今でもこの照明を使うときがあります。
 名品の照明器具は日本人にとって全体的にやや暗いのですが。。。。その点、この器具はとても明るい。明るさを好む高齢者にもお勧めです。(欧州人は暗い照明が好みなのかもしれません。)
 ランプ60Wが4個も。。。240Wなので明るい!
 
 光は上にも洩れ天井面をも照らします。この洩れ感がいい。
06 nakahara.jpg

07 mitid.JPG

08 miti.JPG


----------------------------------------------------------------------------
★ PH5 ペンダントライト ルイスポールセン社製

Louis Poulsen ルイスポールセン ペンダントライト PH5 モダン・ホワイト 白 White(正規品)

新品価格
¥114,400から
(2020/3/4 19:10時点)



ルイスポールセン PH5ペンダントライト / レッド・グラデーション (5741918155)

新品価格
¥108,680から
(2020/3/4 19:12時点)



 名品中の名品。
 デザイナー : ポール・へニングセン 1958年のデザイン

 私が初めてこの照明を取り付けたとき、予想していたよりはるかに暗かったことを覚えています。何かの間違いではないのかと思ったほどです。
 暗さに慣れると・・・これもありかな?と思える、不思議な器具。
 100W 1灯 E26 LED電球もOKです。(150Wの電球使用も見たことがあります。)
 羽が多くあるのでこまめな掃除が必要です。

 下は30年ほど前に設置したPH5。
 お客さまの家で、今も大切に使われています。
09 PH5遠景.JPG

10 PH5近景.JPG
 
----------------------------------------------------------------------------
★ 「バウム」シリーズ ヤマギワ

yamagiwa(ヤマギワ)「BAUMN(バウム)」□900x160mm P2841W

新品価格
¥61,600から
(2020/3/4 19:22時点)



yamagiwa(ヤマギワ)「BAUMN(バウム)」φ600mm P2838W

新品価格
¥104,500から
(2020/3/4 19:24時点)



 十分に明るい照明です。

----------------------------------------------------------------------------
★ AKARI F-206 ヤマギワ

 デザイナー : イサム・ノグチ 1951年のデザイン(アメリカ1904年-1988年)
 岐阜提灯との融合で生まれたデザイン。
 日本人ではなく、日系アメリカ人だったからこそ、この照明デザインが生まれたと感じます。
 和紙のしわをそのままに残したことなど、画期的でした。
 AKARIシリーズはこの他にもいろいろあります。
 
 100W球×1灯 E26口金 LED可能

----------------------------------------------------------------------------
★ ロジーアンジェリス フロス社製

フロス FLOS ROSY ANGELIS ロジー アンジェリス ブラック 照明 フロアランプ PHILIPPE STARCK フィリップ・スタルク フロアライト フロアスタンド 【RCP】【smtb-KD】

価格:88,000円
(2020/3/5 12:44時点)
感想(0件)



 前述のアサヒビール本社のデザインを担当したスタルクのデザイン。
 このスタンドはたいへん異色です。
 布が掛かっているだけで、少女のスカートのような印象です。
 
 スタンド照明は・・・10年、20年のあいだに一度はぶつかってしまって倒す!・・・ってことがあるのです。
 私はこれまでに2回ほどスタンドを倒してしまい、名品を壊してしまいました。
 
 ・・・これなら壊れない。
 布だから。
 洗濯もできそう。
 遠い将来は、新しい布で自作できそう。
 しかも、可愛い。。。

 #

 当事務所のホームページはこちら





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

プロフィール