違反建築を合法にするために

 建設会社から相談を受けました。
 その敷地は接道が2mないのだそうです。
 だから法律上、家は建てられない。 
 「そこを何とかして建てたいのだけど・・・、どうしたら良いか」
 (暗に、違反建築の手法はないだろうか、という相談だったと思います。)
 しかし、、、、行政に相談に行くべきだ、と私は答えました。

 #

 建築基準法に違反している敷地は・・・、多いと思います。
 これまでいろいろ経験をしてきて、どういうのが多いのかというと。。。。
001違反例.png

 例1 敷地に面している道路は、単なる通路だったとか・・・。
   (敷地は認められた道路に面している必要があるのです。)

 例2 接道が2mない状態だった・・・とか。
   (建物を建てる敷地は認められた道路に2m以上接していなければいけないのです。)

 #

 ネットなどで見ると、このような敷地は。。。「住宅を建てることができない」、とあります。
 それはそうなんです。
 建築基準法に書いてあるから、法的に、建てることができません。
 ところが、現実には・・・このような敷地は存在しているし、そこに暮らしている人もいます。

 ・1 そんな敷地では新たに家を建て替えることはできない。
 ・2 今の家はどんどん古くなる。
 ・3 住人は移転しなければならないのか。
 ・4 家を建てられないのだから、土地の買い手もいない。
 ・5 違反建築を建てざるを得ないのか。
 ・5 そのうちに住人は亡くなる。
 ・6 家は空き家になり、放置される。
 ・7 火災が起きるかも・・・、放火?

 #

 市役所や区役所に相談に行くべきです。
 私はこれまで(上記のような事例で)様々な違反建築状態になりそうになりました。
 建て主さんと一緒に行政に行きました。

 行政は無下に断り、相手にしない、なんてことはしません。
 相談に乗ってくれます。
 
 #

 ・ 何年間その土地に住んでいたか。(などは重要のようです。)
 ・ 生存権と建築基準法のどちらが重要なのか・・・などが考慮される?
 ・ 建築審査会にはかる行政もありました。
 ・ 建ペイ率を10%下げ、近隣の同意を得て下さい、というケースもありました。

 ・ 行政がどのように建て主を救ってくれるか、決まりは無いようです。
 ・ 救ってくれないかもしれません。
 ・ が、私の経験では・・・救ってくれます。

 そのことで合法?に建築確認が取れてきました。
 建築基準法で困ったら、違反建築を建てるのではなく行政に相談すべきです。
 市役所や区役所は、私たちが安心して暮らせるために「有る」のですから。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

プロフィール