ガルバニュームの保証ーーーーー2007-01-20(土曜)曇り

 屋根や外壁に使用するガルバニューム板金。10年保証・・・というのがあります。
 営業マンが保証、します!というので、建物が完成したら「保証書」をもらえて・・・、それで雨が漏ったり、錆が出たら、保証をしてもらえるのか?と・・・普通は思います。

 が、それは違うのです。
 では、その保証っていったい何なの?というと・・・材料だけの保証。

 ここに(言い訳がましい)カラクリが。
 出荷する板金は確かに保証がついているらしいのです。ところが、現場ではそれを曲げたり、折ったりして使うので・・・曲げたところからもし錆が出ても、それは保証できない・・・ということなのです。
 材料メーカーとしては・・・現場で使ったもの?は保証してあげない、ということ。
 
 曲げたり、折ったりしないで、建築現場で使えるわけがありません。必ず、曲げ加工が入ります。そうすれば、ガルバニューム板金は曲げたところから錆が出ます。(曲げることによって皮膜が切れる。)

 イカサマのような話しです。
 錆がでる頃は10年以上も経っています。当時の営業マンはいません。建設会社とも疎遠になっているでしょう。
 で・・・問題が起きても、こんなものかな?って皆が時の流れであきらめるのです。

 ガルバニューム、10年保証・・・。
 よく聞くと、確かに理路整然とした保証ですが、最終消費者からみると、まったく意味のない保証です。
 しかし、その保証が謳(うた)われるのでガルバニュームを強い材料だと思っている人は多いのです。
 
 #

 ホームページ更新情報
 先頭頁に現場状況を掲載することにしました。
 http://www2u.biglobe.ne.jp/~g-a/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

プロフィール