メーカー住宅にはない見学会ーー2007-06-16(土曜)晴れ

 今日は朝から「住宅見学会」を行ないました。
 二世帯住宅を2軒見学。
 3家族、総勢10人くらいを案内したので、僕はその気疲れでへとへとになりました。

 いちばん気を使うのは、見学させてくださる先方の家へ。
 僕の場合、新築住宅より築10年くらいの家を見ていただくので、見られる方の家は「えっ!また、見学会?」(もう何度も見学させていただいているので)という気持ち。築10年くらいだというのは家も多少汚れてきているので、それが見られる方にとってやや面倒臭いって感じかもしれません。
 ・・・そこを何とか、という見学会。

 住みはじめて10・20年くらいの家というのは・・・見学する側のお客様にとっては「たいへんいい!」ようです。(見学した人は皆がよかった、参考になったと言う)
 住宅メーカーの展示場はすべてが「新築」だし、あれは誰も「住んだことのない家」だし、「時間の経過」もありません。
 そこが、全然違う、我々の住宅見学会。

 見られる方にしては、ちょっと汚れかけてきた家、掃除もしなくちゃいけない、という憂鬱な気持ち。
 見る側にとっては、その10年くらい使った家がどうなっているかを知りたい、という好奇心いっぱいの気持ち。
 ・・・それが、見られる方には迷惑。・・・それが、見る側には「good!」
 この矛盾に、僕は毎回気づかれしてしまうのです。

 Sさん、Mさん、Bさん、見学させていただいてありがとうございます。どのご家族の方も本当の住宅見学に良かったと言っていました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

otto
2007年06月19日 12:53
実際に何年も住んでからの見学会なのですか。
それはスゴイですね。
普通は、新築直後かせいぜい2、3年が経過した家ですものね。
確かに、見せる側にとっては掃除もしなきゃならないし大変ですが、見る側にとっては本当に為になる見学会だと思います。

しかし、10年後の我が家は私はあんまり見せたくないかも・・・
見せてくれる家人の方々ってきっと小林さんととても良い関係を保っているのですね。

プロフィール