屋根勾配・デザインとコスト

<GA 小林>

 ここに3つの家があります。少しずつ勾配の違う家。
画像

 印象は違って見えます。
 ゆるい勾配の「a」は普通っぽい? でもこれが世間並みの家。

 近頃は、中央の「b」も増えてきました。
 少し格好がいい?

 勾配の強い「c」はイラストや童話・・・お菓子の家みたい。それに屋根裏部屋もできそうです。

 工事費用、いちばん安いのが「a」、次が「b」、高いのが「c」の順。
 
 ■■ 屋根面積

 勾配のゆるい「a」を1だとすると・・・、強い「c」は約1.2となり、2割くらい材料が増え費用は高くなります。

 ■■ 屋根足場

 屋根の上で、普通に作業ができるのは「b」が限界。「c」勾配だと、作業は危ない。
 そこで、屋根にも足場が必要。足場代が余分にかかり・・・費用はup。

 結局「c」がいちばん高価格。

 #

 設計者は考えてしまいます。
 左の「a」はつまらない。。。。「c」のデザインだと費用が上がる・・・どうしよう。。。。
 そこで中庸(ちゅうよう)をいく「b」に決定!
 
 ところが誰かが別の案を持ってきます。
画像

 片流れ屋根・・・超ゆるい。これは絶対に安い!・・・これで行こう! 形もシンプルだし。

 今までのa・b・cの議論は・・・何だったの?
 デザインは発見かなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

プロフィール