グループアプローチ建築設計事務所

アクセスカウンタ

zoom RSS カナダ杉とインテリア

<<   作成日時 : 2018/11/22 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 カナダ杉の使い方について。

 # 
画像

画像

 別名: ベイスギ(米杉)、ウエスタンレッドシダーとも言います。
 北米の木。
 これほど色ムラがある木材は珍しいんです。
 写真を見て下さい。
 天井に張ってあるカナダ杉、白、赤、茶・・・とさまざまな色(の板)が混じっています。
 この性質をどう生かすのか・・・、がカナダ杉のポイントです。

 ■ インテリアに使う場合

 ・ 個性が強いことを承知して使っています。
 ・ ある一面だけに使う、というような「強と弱」の配慮があった方が成功率が高いと思います。
 ・ 素朴感に注意です。


 ■ 法的要件
 
 ・ インテリアとして使う場合、キッチンがガスコンロだと(木は燃えるという点で)法律の内装制限に抵触します。
 ・ ガスではなく、IHコンロならば問題はありません。(火を使わないから。)
 ・ 最上階なら上記の法規制は適用外になります。(写真はこの事例)


 ■ 張り方にコツがある

 ・ 日本の大工さんの習慣に注意が必要です。
 ・ 日本の大工さんは、こんな色ムラのある(悪い?)材料は張ったことがないのが普通なんです。
 ・ だから戸惑って・・・しまいます。
 ・ 色ムラを生かすためには・・・ランダムに張るという「日本にはない良さ」があることを理解してもらう必要があります。


 ■ エクステリア(外観)に使う場合

 ・ 色ムラの美しさや風合いの良さは初めの1年だけです。(写真は当事務所の設計)
 ・ 写真の外壁はすべてカナダ杉です。
 
画像

 ・ 10年ほど経つと全部が灰色になります。(同じ建物、別角度の写真)
   (どのような木でも10年くらいで同様な結果になります。色を塗らない場合。)
画像

 ・ 寸法の安定性は高い。
 ・ 材料が暴れたりしない、精度がある。


 ■ 総合的な判断

 ・ 個性的なインテリアとなります。
 ・ 内部で使う分には紫外線の影響が少ないので、色ムラの良さは残り続けます。
 ・ 北アメリカっぽい。
 ・ クセのある材料です。
 ・ 特にインテリアで”通”の雰囲気を醸し出します。

 #

 グループアプローチ設計事務所のホームページはこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カナダ杉とインテリア グループアプローチ建築設計事務所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる