人生の閾値

 「しきいち」とか・・・、「いきち」、と読みます。
 反応が変わる限界値、境い目、みたいなことでしょうか。。。
 閾値を人生に当てはめてみました。 

 #

 例えば、ピアニストになる場合をグラフにすると以下のようになると思います。
 
画像

 練習とともに少しずつ成果が上がっていきます。
 あるとき閾値を超えると・・・急に上手くなるようなことが起きます。

 しかし、ほとんどの人は下のような結果。
 横軸の練習量や努力の時間は膨大に長い。5年とか10年といった長さなので、なかなか成果がでません。
画像

 成功した人って・・・、多分、途中で止めなかったんでしょうね。

 #

 閾値を別の図で考えてみました。
 大きなバケツに小さなコップで水を入れ続ける状態です。
画像

 何回も何回も水を入れる。
 10年も20年も・・・入れ続ける場合もあります。
 練習とか、努力とか・・・、会社勤務とか・・・、勤め上げるとか・・・、人生というものは努力がつきものです。
画像


画像

 どこかでバケツの水は閾値を超える。満杯になり、水は溢れ出るはずです。
 そのときが「成功した」とき。
 金持ちになったとき?、有名になったとき?。。。達成感が生まれたとき?。

 #

 大部分の人のバケツは満杯にならないと思います。水は溢れ出ません。

 そもそも自分のバケツの大きさが分からない。
 注いでいるコップが小さ過ぎるのかもしれないけれど、それも分からない。
 置かれた環境もありますから。。。。貧乏な家に生まれたとか、裕福だったとかは、コップの大きさやバケツの容量と関係があります。

 #
 
 普通、人生の閾値は目に見えないように思います。
 ひたすらに努力し続けるだけ。
 
 #

 ここからは当事務所の広告です。
 動画はそれなりに楽しいです。
 プレゼンテーション動画の作成をしています。
 ご覧になってみて下さい。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

プロフィール