よく考えないこと/台所ゴミ収納

 「住宅設計でよく考えないコト」を前々回で書きました。
 今回はその続き、キッチンゴミについて。
 
 #

 僕がいちばん思うことは、キッチンからはゴミが多く出るという問題意識が、(そもそも)建て主さんに無い点です。
 ゴミのことより食洗器は必要?だとか・・・、天板は人工大理石にすべきか?・・・、カウンターの高さは?・・・みたいなことに建て主さんの視点が費やされていて、ゴミ置き場は忘れられています。

 #

 対面キッチンの場合。
 当事務所のゴミ置き場はこのような感じです。
 シンクの下に置くことが多い。
画像

 絵にするとこんな感じ。(赤い矢印)
 視点の異なる2枚の絵を載せました。
画像

画像

 どうして青い矢印のヵ所に置かないかというと、食堂からゴミ入れが見えるからです。
 青矢印の位置で、ゴミ入れを体裁よく見せるのには細工が必要となり、費用がかかるから。

 緑の矢印部分はバックヤードです。
 面積にゆとりがあるのならバックヤードは是非設けたい。ここにゴミ入れを置く方法もあります。
 でも、シンクの近くに置く方が便利です。(身近収納)

 #

 次の写真はキッチン背後に置いた事例。(上図でいうと青い矢印の位置に置いたような場合。)
画像

 キッチンの背後にゴミ入れを置いたので、ワゴン式にしてゴミ箱が見えないようにしています。
 調理をしているときはワゴンを引き出しておき、ゴミを入れる。
 下の写真は上記のキッチンを食堂から見た場合。
 赤い矢印の下にゴミ箱があります。
画像


 #

 次の写真2枚はリフォームの現場。
 行き止まりのキッチンなのでゴミ箱が見えてもいい。開放型ゴミ入れとしています。
画像

画像

 正面に勝手口が見えています。
 外にバルコニーを設けて、ゴミ置き場とする方法もあります。
 (そのような場合のネーミングはサービスバルコニー/キッチンバルコニーという言い方をします。)

 #

 ところで上記の写真すべては特注家具による製作キッチンです。
 だから何でもできちゃう。 

 でも普通、キッチンセットはメーカー品を使うと思います。
 こちらはTOTOのゴミワゴン。 
画像

 実際に使っている写真は以下です。(他の現場です。)
 このような開放型がもっともうまくいくと感じます。
画像

 TOTOのゴミワゴン
 (僕としてはゴミ箱にフタがない方がよいと思っています。フタを閉めると臭いがこもるからです。ゴミが出るたびに小分けビニール袋に入れて収納(捨てる)する方がコバエも発生しません。ビン缶はざっと洗います。)

 #

 ゴミ置き場には・・・いろいろな手法がありますが、あまり細工をしないことがポイント。
 細工があればあるほど汚れやすい。掃除もしにくい。
 
 重要なことは『ゴミ置き場はどこかには要る』ってことなのです。

 #

 時間がなかったため、急いで書きました。徐々に修正します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

フランキー
2019年06月22日 13:34
納得です。
やはり経験知が違いますね。
2019年06月22日 23:22
 フランキーさん、こんにちは。
 次回を楽しみにしてます・・・なんて言われたので、無理やり書きました。
 次も書こうと思っております。
 
 ありがとうございました。

プロフィール