火事は我が家で起きる

 近所で火災がありました。
 屋根中央部が燃えたところまでで消防隊が消し止めた。
20210203火災.jpg

 不思議なことに、人は自分が火事を起こすとは考えていない・・・ってことです。(私を含めて・・・)
 新築住宅の設計中、、、建て主さんは、、、隣家の火災を想定し、燃え移ってくる火をイメージしています。

 #

 ところが、僕が設計業を始めてから、隣家から類焼した家(燃え移ってくる火事)は一軒もありません。
 それどころか、発生源は自分側の火事なのです。

 住宅200軒ほどの経験で3件起きました。 
 ・ 電気カミソリの充電中に充電器から燃え始めて家全体に広がった。
 ・ 暖房機のゴムホースからガスが漏れていて、爆発が起きた。
 ・ 子どもの自殺で火事になった。

 出火の原因って、意外なことで起きています。

 #

 建築基準法の内装制限は(そういう意味でかなり)有効だと私は考えるようになりました。
 具体的には、
 ・ 壁に石膏ボード(厚み12.5mm以上)
 ・ 天井に石膏ボード(厚み9.5mm以上)
を張るだけで、消防隊がやってくるまでの時間(15分とか20分)を耐えることができます。

 木の天井は危ない。
 不燃下地にした方がいいとか・・・方法はいくつもあります。
 (火がちょろちょろと燃え上がるのではなく、ガス爆発とか、灯油が一度に燃え上がることが多い。そのためには内装制限が利きます。)

 #

 木造でも骨格が燃えなければ(内部火災で抑え込むことができれば)、家は持ちこたえ、再建できます。(僕の経験です。)
 火事は我が家で起きるの・・・です。

 #

 

モリタ宮田工業 蓄圧式粉末ABC消火器 UVM10AL

新品価格
¥3,181から
(2021/2/4 12:57時点)




驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用 トイレ セット【凝固剤、汚物袋、BOSの3点セット ※防臭袋BOSのセットはこのシリーズだけ!】 (15回分)

新品価格
¥1,944から
(2021/2/4 13:06時点)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

プロフィール