平均地盤面が二つある第一案

 急斜面の住宅です。
 第一案をつくりました。
 その動画を掲載します。(建て主さまの同意を得ています。)
 
 #

 この設計でいちばん難しかったのは建物の接地面です。
 低いところと高いところの差が4mほどあり、法律上の平均地盤面が二段にわかれてしまったこと。
 しかも、この地域に町並み条例があり、軒高6.5m以内でのクリアーが必要だった。
 つまり、、、この家は法規でガンジガラメで自由がほとんどありません。
 
 近ごろは法律や条例がどんどん複雑になってきたと思います。
 このような特殊な地形だと・・・設計はとても難しい。。。。

YouTubeアドレス https://youtu.be/wxm7cofcuZ0

"平均地盤面が二つある第一案" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

プロフィール